Profile

桜川翔 歩み

高校入学までは普通の子供。

高校は馴染めず半年で自主退学。

学校辞めた後アルバイトなどするが長続きしない。

引きこもり生活の中で漠然と芸能界にと

雑誌デビューで見つけた『下町かぶき組』の募集。

書かれていた文章に惹かれ応募。

いざ入ってみたら

想像していた芸能事務所と違う!

大衆演劇の世界を全く知らなかった私にとって、

異次元の世界。

正直とんでもない世界に来てしまったと思いました。

『下町かぶき組』の師匠は『松井 誠先生』

僕は師匠の所に入るまで、大衆演劇を知りませんでした。

最初女形見た時には、驚きしかありませんでした。

それも、綺麗だとか美しいとかではなく・・・

「なんじゃこりゃー!!!」

と言う驚き。

これも

大衆演劇を知らない10代ならば率直な感覚だと思います。

こうして、いわば右も左もわからないまま、

下町かぶき組の一員となりました。

当時、師匠は大きな会館回りの全国ツアー、

マスコミ関係のお仕事ばかりだったので、

今ほど、大衆演劇回りの仕事がなく、

稽古場でレッスンを受けたり、

師匠の全国ツアーに参加させて頂いたりしていました。

初舞台は16歳の時

高知県民文化ホール オレンジホールでした。

『お江戸土産』と言うお芝居で、

角兵衛獅子の役で、

バク転が出来るので、

それを活かして、飛んだり跳ねたりしてました。

大衆演劇の舞台は、

三吉演芸場が一番最初だったと思います。

2008年 、

下町かぶき組の中で

劇団夢幻を旗揚げさせて頂きました。

2010年3月に退団。

下町かぶき組には12年間いました。

2010年4月に鳳凰座に入団。

芸名を中野翔と名前を改めます。

鳳凰座では当時女優さんがいなくて、

女形のお芝居が望まずとも、転がり込んで来ました。

女形のお芝居は、鳳凰座で勉強させて頂きました

下町かぶき組で女形の踊り、

鳳凰座での女形のお芝居。

今から思えば

共に女形をする事にレールを引かれていたのでしょう。

2014年の3月に鳳凰座を退団。

2014年10月信州大勝館で

劇団雪月花を旗揚げしました。

今年10月が5周年